>>【タイプ別治療法で多汗症を根絶!】あなたの多汗症はどのタイプ?




2012年01月05日

顔の汗かきには小粒な汗を!

顔の汗かきといえば大粒の汗がだらだら出ていませんか?
大粒の汗というのは体温を冷やすのに効率が悪いと言うのは
ご存知でしょうか。
仕組みは簡単です。体温は汗が蒸発するときに熱を奪いますが
大粒の汗の場合は小粒に比べ蒸発にくいからです。
しかもミネラルも含みベトベトした感じになります。

人は200万〜500万の汗腺を持っているといわれていますが、
いつも空調設備の整った環境にいると汗をかく必要が無くなり
その多くが休眠状態になっています。
いざ体温を下げようとした時に働いている汗腺が少ないので
仕事が雑になるというわけです。

汗腺を鍛えることと、豆腐や納豆などの大豆製品の摂取で
小粒な汗に変える事ができます。
同じように顔に汗をかいても小粒ならすぐに蒸発し、
サラッとした汗ですので汗かきが目立ちません。
posted by 汗っかき・手汗(手掌)多汗症の原因/対策/治療 at 11:31 | 汗っかき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



>>【タイプ別治療法で多汗症を根絶!】あなたの多汗症はどのタイプ?




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。